<   2006年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧

指定型バトンタッチ!「単身赴任生活」

長州の深窓の令嬢であるJJさんからバトンをいただきました。
僕でヨカとですか??と思いつつ、まずお引き受けしました。
ようやく身辺が落ち着いてきたので、ゆっくり考えつつ書いてみます。

■■■[指定型★バトン]のルール■■■

○廻してくれた人から貰った『指定』を【】の中に入れて答える事。
○また、廻す時、その人に指定する事。

****************************************************************

指定されたお題は【単身赴任生活】です。
jjさんが核心部分をダイレクトに指定して来られてちょっとマジ総括してます。
正確には社命で赴任しているわけではないので「出稼ぎ」と言います。

d0035104_22451339.jpg◆最近思う【単身赴任生活】
空虚 30%
新境地 40%
再発見 15%
郷愁感 15%

後ろ向きになってしまうと他愛なく空虚さと郷愁感に押し流されてしまう生活です。→赴任初日の部屋の中です。
新しい生活スタイルを見つけることは一見楽しそうですが、必然的にそうならざるを得ないということでもあると思います。
その犠牲の代償として、自分が時間を使ってみたかったこと、考えたかったことにエネルギーを向けるのを許されることでもあります。自分の存在価値を否が応にも客観的に見せつけられることのようですね。

d0035104_22484294.jpg
◆この【単身赴任生活】には感動!!!!
ブログを通じて料理が好きな食いしん坊の人たちが一杯いて、自分の持っていない料理の知識やノウハウを気楽に交換できること。
ホントにこのお陰で料理に関してはかなり新しい世界を覗くことができました。皆さんの惜しげない協力にとても感謝しています。

◆直感的【単身赴任生活】
子どもが幼いうちにこの生活だったら、精神的にバランスを崩していると思います。
たまたま家は子どもが大きかったからお互いが適度な距離感になってそれぞれの存在感を確かめるだけの精神的な成長度に支えられたということなのでしょう。

実際22歳から24歳までの間は月2/3近く県外出張だったのでほとんど単身赴任と代わらなかったけれど、それでも通して家にいる時間があり、帰る先には家族が待っているということと本当に家族が分離するということとは全く別物です。

◆好きな【単身赴任生活】
思ったときに好きな料理を作れること。
気の向いたときに仲間を呼んでホームパーティーができること。
UPL(うどんパスタラボラトリー)が存分にできること。
ブロガーさんたちに会える距離に住んでいること。

◆こんな【単身赴任生活】は嫌だ!
自分は世界で一番不幸な男だといつまでも嘆いて哀れみを乞うこと。
顔を上げて前を向け!

と、そうならないように自分を叱咤激励しながら暮らしています。

d0035104_2252324.jpg◆この世に【単身赴任】がなかったら。
貧乏ながら田舎暮らしをごくごく普通にしてるでしょう。
◆次に5人にまわす(『指定』つきで)
忙しかったら、パスしていただいてかまいません。
後ほどお願いにあがります。

・kozouさん:『故郷』
・よっしぃさん:『音楽』
・あひるちゃん:『バイト』
・かなみん:『お魚』
・かものはしさん:『仕事』
[PR]
by yamomet | 2006-06-30 22:58 | 生活ダイアリー

青いもの食べなきゃ強迫症

ようやく普通のペースになってきて疲れが取れてきたようなそうでもないような…
今朝はぐっすりと眠ってしまい、7時ちょうどに起床。
携帯アラームと目覚まし時計が同時に6時からなっているはずなのに今日は全然気づかず。
今日は激安の鶏肉をニンニク醤油に漬けておいたのをオリーブオイルで焼いてメインのおかずにしました。
d0035104_12174296.jpg

こちらに来てから初めて出汁巻き玉子を焼きました。
いつも中間で油を敷くのにキッチンタオルに油を染ませて使うのですが、今日はオイルスプレーでやってみたら紙がムダにもならず、満遍なく行き渡るので思いの外、これは良い手かも。

野菜系のおかずをちゃんと食べていないような気がして(特に青物類を)とにかく何か青いものを食べなきゃ食べなきゃと強迫観念のようになって、100円のほうれん草をお浸しに。
三段のランチボックスにしたら隙間が空いてしまったので、急遽茄子とカボチャを少量の油で炒め揚げするような感じで詰めました。

さて、今週末はシンクロの日なんですが、今回は夏野菜という非常に素材範囲の広いテーマです。夏野菜というと新潟にいる頃は近所のお婆さんたちが畑の帰りに寄ってくれて、「おまんた畑にあるだろけも、これ食べてくんない。」と言って枝豆やらトマトやら置いて行ってくれるのです。

プチトマトは作っていましたが、大きなトマトは作っていないのでとても助かりました。
ふんだんにあるのでソースにしたり、冷やしてスライスしてバクバク食べられるのは贅沢だったんだなと今頃になって思います。

今、家ではトマトは高くてなかなか買えない野菜の代表選手となっています。
本当の路地モノで味のしっかりしたトマトを食べたいなぁ、と思ったことはありませんか?
青臭くてむせ返るような感じさえするピンと張ったヘタのついたトマトを・・・・

先日、麦茶に砂糖の話題を出しましたが、トマトをサイコロに切ったものに砂糖をかけて食べるのも日常的にやっていました。
これも「やっだぁ!」の類と思うんですが、糖度の高いトマトと思えば?(思えない??)デザートとしてもいけると思うんですけどね。

ただ、これができない理由は上に書いたようなトマトの味が変わってきたことにもよるのではないかと思うのです。
歯ざわりが何やらザラザラした感じで甘みも旨みもないトマトは砂糖をかけても美味しくないはずです。

実も味もしっかりしているトマトの味があって初めて成り立つのではないかと。
シンクロのエントリーでも書きましたが、本当の旬の時期って知らないですよね。
ちゃんと土を作って肥料をやった野菜はどんな味、というのも知らないですよね。
僕もほとんど忘れてしまいました。
作られた味がおいしいと思い込んでいるところが多分にあるんだと思います。
そういう味に慣れてしまわないように気をつけたいと思う今日この頃です。
[PR]
by yamomet | 2006-06-30 12:32 | ごはん・ランチ

天麩羅食いたいと思ったのは

今朝方のコメントでアメリカ在住の単身赴任仲間のナジェ旦那から疲れを取るためにも栄養補給してよね、ということだったのでそうだよなぁ酒ばっかり飲んで引越しをクリアしたような・・・・という反省から今日は半日、夜は何を食べようかなぁ、何を食べたいかなぁと考えておりました。

今日は6時半前に事務所を出て買い物しようかどうしようかと人混みの中を自転車でフラフラしながら帰っていたところ、一瞬天麩羅屋のFCてんやの前を通過。

「これ!この香ばしい香りと甘辛い味!今日はこれ!」

で普通ならそのままてんやに入ってしまうところがまだ疲労困憊していないので元気があって、「では家でたっぷり揚げてたくさんいただきましょう。」ということに。
d0035104_23212217.jpg
引越しの途中で半解凍になってしまって再冷凍された可哀想な海老と100g39円の鶏ムネ肉、かぼちゃ、ちくわ、長茄子と一通りの材料があったので自分的適量を揚げました。税込¥850は外で食べたらこんなもんの値段は付くかなということで外食ではございませんので悪しからず。
d0035104_23234715.jpg妙高のエスペロさんから送ってもらった鮮度抜群のウドは全部を一度に食べ切れなかったので、大量の塩で漬け込んで保存してあったので、これを一昼夜かけて塩抜きして油揚げと一緒に炒め煮にしました。
天麩羅に気をとられていて煮詰まってしまって、少々味が濃くなりましたが、食べたかったあの濃い甘辛い味で満足です。
明日の弁当用にと思ってちょっと多目に作ったつもりだったけれど、結局食べちゃいました。

気分的に疲れている時や肉体的に疲れている時になぜ濃い味のものを食べたくなるんでしょうね?誰かこの理屈を教えて欲しいなぁ。
前にもこのブログのエントリーで書きましたが、ストレスがかかっている時に豆腐を3丁くらいヤケ食いする人ってのに会った事がないし、食べ放題で受けるのはやはり肉やデザート系。
うどんの食べ放題で喜ぶ人も一部にはいますが、せいぜい食べられて4玉くらい。妙に満腹感に支配されて心はイマイチ満足してないのがありありと分かるわけです。

なぜ脂っこかったり、しょっぱかったり、かなり甘かったりするものをストレスの裏返しで食べようとする人が多いのかホントに不思議でしょ?そう思いませんか?
[PR]
by yamomet | 2006-06-28 23:22 | ごはん・ランチ

殺意を抱いた僕はヤツを空き家に捨てた…ふっ…

別に殺しはやっとりません。ホントですよ、旦那信じてくださいよ。

川崎に引っ越してきて最初の買い物で買ったテフロン加工された30センチのアルミの北京鍋。
最初の数年は具合が良かったんですが、5年の声を聞くころになるとテフロンが剥げてきてチャーハンを作るにもかなり多めに油を入れないと焦げ付いてしまって怒り心頭の日々。

それでも長年連れ添ってきたので油をドバドバ入れながら使ってましたが、この引越でようやく納得して別れることになりました。
その他にも500円で買った小さな炒め鍋もこないだのチキンスモークでさよなら。
d0035104_22295285.jpgリーサルウェポン。この刻印は山田工業所の打ち出し北京鍋27センチ、新品で¥2500なり。
お料理好きなら一度は名前を聞いたことがあるかもしれないプロ御用達の逸品。27センチは家族のご飯を作るには小さいけれど、独り暮らしだったらお手軽なサイズ。
今まで鍋の大きさに合わせて調理をしてしまうのでとてもたくさん出来すぎていたのを防止するのに役立ちそうです。

d0035104_22314027.jpg空焼きをすること約30分。強火力コンロ全開でピカピカした錆止め塗料を焼ききって、表面をたわしでこすり落として再び強火で煙が出るくらいに熱してから油を引いたら、この青黒いガンメタリック色の良いこと!
山田工業所初仕事は昨日のけーちゃん炒めをでした。
まだ、油が肌になじんでいないので少し焦げ付きましたが、少し炒めているうちにだんだんとスムーズに鍋肌を滑るようになってきてゴキゲンです。絶対洗剤では洗わないことにしました。

大きいのは35センチの広東鍋があるので、それを使って料理するつもりなんですが、両手の中華鍋はなかなか振り回せなくて腕のなさを痛感します。

ルクと言い、この山田工業所の鍋と言い、一般的に定評のある道具を大事に馴らしながら使い込んでいくという楽しみがなんとなく分かり始めてきたような気がします。
これまでは値段でしかモノを買ってこなかったので、やはりこういうものを使いこなすというのも料理の技術になってくるんでしょうね。
[PR]
by yamomet | 2006-06-28 22:42 | 生活ダイアリー

転居後初弁当・塩鯖弁当

とりあえず・・・・画像だけ。コメントは後ほどお返しします。
アルミホイルのカップを探すだけで騒ぎでございました。
d0035104_8282970.jpg

いや、とにかく普通にこの程度の弁当を詰めるのなら15分もあれば余裕でできていたのに、おかずを詰めるアルミカップの所在を突き止めるのに汗をかいてしまいました。
鍋とかボールの配置もそう。

究極は弁当箱がどこに入ったか分からなかったこと。
これには参りました。

シーガルもゼブラも手元には置いてあったので、それでも良かったんですが、今日のおかずは丸型にはちょっと詰めづらいと来た日には何とか探すしかありませんから。

結局、玄関を出たのは出勤定時8:30の15分前。
遠くに引っ越さなくて良かった・・・・つくづく痛感。
[PR]
by yamomet | 2006-06-28 08:28 | ごはん・ランチ

やっと落ち着いて晩御飯・土鍋ごはんとけーちゃん炒め物

今日は洗濯機のホース破損を直すために早々に定時帰宅。
取替え用のホースを付け直して、排水溝が詰まり気味だったのを水道を全開で出して洗い流して排水がオーバーフローするのを直しました。
何かまだチョコチョコと不具合があるので、焦らずに直して行こうと思います。

さて、今日は余裕があったのでナジェーナの旦那の真似をして鍋でご飯を炊いてみました。
え、ルクを買い足したのではありませんよ。
テレ朝「いまどきごはん」のレシピ応募で当選したご飯土鍋があるので、それを使ってみたのです。
d0035104_2271650.jpg
こんな感じ。いつも炊いているのは電気圧力鍋なのでモッチモチになるのですが、土鍋だと艶々でしっかりコシがあるご飯です。
これから夏の暑い時期に向かうので身体の毒消しを兼ねて、生姜の千切りを片手一杯と梅干の大きいものを一つ入れて炊き上げました。ほんのりとした酸味と生姜の香りがおいしいご飯です。
味付けには塩を2つまみほど入れてあります。
d0035104_22101929.jpg
おかずは茄子とピーマンとけーちゃんをピリ辛にニンニク醤油で味付けしたもの。仕上げにみりんを少し加えて味をマイルドにしてあります。

茎わかめは塩抜きをしてから適当な大きさに切り、塩茹でしたモヤシを盛り付け、豆腐を載せて出来上がりです。塩抜きが十分でなくてところどころしょっぱいのがありました。
久しぶりにご飯を土鍋で炊いて、ナジェーナの旦那が言っているようにご飯そのものがおいしいとついついお替りをして二合炊いたのに明日の朝の軽めの一膳が残っているだけです。

さて、夏の飲み物と言えば麦茶。
食品の100円ショップがすぐ近くにあるので、麦茶パックを買ってきました。
100円とはいえたくさん入ってるんですね。20リットルくらい沸かせるようです。

麦茶を沸かしていると、夏休みの博多の家の匂いがしました。
いつも夏休みは町内のソフトボールの練習のバックアップに子ども会のお母さんたちが輪番で子どもたちが飲む麦茶を大量に作ってはアルミのウォータークーラーに入れたり、アルマイトのデッカイやかんに氷をどっさり入れて冷たくしたものを持ってきて僕らに飲ませてくれました。
その時の麦茶を作る匂いがするのです。

今日はそんなことを思い出して、博多でよくやられている「砂糖入り麦茶」をしました。
あまりポピュラーではないのでウゲッとか言われそうですが、香ばしい紅茶のようなもんです。
ソフトボールの練習の合間、校庭の隅の桜の木の下で町内のおばちゃんが
「ほらぁ、みんなぁ麦茶のあるけん、飲みにこんねぇ~!」と呼んでくれるとです。
冷たくて甘くてジュースよりもさっぱりしていてゴクゴク飲んだ、そんな覚えがあります。
たまに甘くしない麦茶が来ると「こら、いっちょん旨うなか。」と言ってみんなが口を尖らせて文句を言うとです。
作ってきたおばちゃんが「あぁごめんごめん。うちんがたは、甘うせんったいね。今度は砂糖ばちゃんと入れてくるけん。」と謝っていました。

水出しの麦茶ではこんな香りの思い出はできませんでしたね。
煮出し麦茶で育ってきて本当に良かった。
[PR]
by yamomet | 2006-06-27 22:28 | ごはん・ランチ

激戦のあと・・・・引越のサムライジャパン

今、エアコンの取り付け工事が始まったので、しばし部屋をいじるのは休憩。
今晩は寝苦しくなく過ごせるのかなぁ・・・・そうだと良いなぁ。
さて、呆然となるくらいの箱数のものをどう収めるかということの次第を家への報告がてらアップしておきます。適当に読み飛ばしちゃってくださいね。

「お客さん、あのこのホース駄目なんで新しいのと交換しないと・・・・・消耗品なんでねぇ。」
「それ、そのままでなんでいかんの?」
「劣化してますから、保温フォームも銅管も。」
「え~・・・・・(金ないぞ!)しゃあないなぁ。安全にやって。」
「なら、3000円×3mで9000円になりますね。その代わり中に取り付けるための桟の工事は負けときますから。」
「・・・・・・(それって普通付帯工事でタダちゃうんかい!)そうなんですか、すんませんな。」

今、財布見たらホントに2000円足らん。
どうするよ、俺????
LifeCard「逃げる」「振込み」「寝たふり」「ATM」

事の顛末は・・・・
[PR]
by yamomet | 2006-06-26 14:20 | 生活ダイアリー

丸1日がかりで一応住めるようになりました

d0035104_2110255.jpg昨日は午後から荷物を積み出して大体四時に搬入が完了。
それから約二時間でキッチン周りを収納してヘトヘトになったので中華を食べに出てバリバリ呑みましたです。息子と娘と一緒に酒を呑んでお疲れ様って言えるのはホントに良いもんです。
二人ともホントによく動いてくれて助かりました。今回は荷物が多かったのに前よりも狭いところに住むので収納が大変だろうと予想はしていたものの想像を遥かに超えた荷物で文字通り手も足も出ず、荷物の山を前に呆然としてました。

d0035104_2110258.jpgが、そこに助っ人の子どもたちがいてくれたので、何をしてほしいか伝えると確実に片付いていくのはありがたいことでした。
まだ納めきれないものがあるんですが、明日一日かけて一人でボチボチ片付けようと思います。
[PR]
by yamomet | 2006-06-25 21:10 | 生活ダイアリー

ではこれから荷物を積み出します

いよいよ引越し屋さんがやってきます。13時スタート予定です。
d0035104_1139381.jpgYahoo!BBの復旧は26日の予定ですが、ずれこむ可能性があるのでブログの更新は27日以降、会社に出社してからということになりそうです。
予定よりも一時間早まったので、これから大慌てでご飯を済ませて最後の片付けです。

それにしても直線で一キロあるかないかの引越し見積りで某大手引越し業者は87000円、今回頼んだ赤帽さん系の引越し業者さんは35000円。同じことするのにこの金額差は何が根拠なのって気がしますよ、ホント。

では来週お目にかかりましょう。
[PR]
by yamomet | 2006-06-24 11:43 | 生活ダイアリー

キッチンの窓からいつも見ていた風景・アジサイ

d0035104_12562139.jpg
田舎を生まれて初めて出て都会に行くような気分です。地面に足がついているのって気持ちの上ですごく助けられてたんだなと今頃になって気が付きました。
[PR]
by yamomet | 2006-06-23 12:57 | 生活ダイアリー