<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お花見弁当のご注文をいただきました

神奈川は曇っていますが、お花見のピーク。
お天気がイマイチなのが残念ですが、お花見弁当を作ってみました。
きっちり会費をとって、弁当代を回収します。

今日のは原価が高いよ~。
楽に普段の倍というところです。
d0035104_130064.jpg

・金目鯛の塩焼き
・天麩羅(海老、南瓜、インゲン)
・煮物(里芋、人参、筍)
・メカブおろし
・田楽風焼豆腐
・かまぼこ・チキンボール
・出汁巻き玉子
・小松菜のおひたし
・鶏つくね焼き
・筍と干し蝦の炊き込みご飯

いよいよ明日付けで会社を退職。
川崎最後の仲間への奉仕活動かな。
[PR]
by yamomet | 2008-03-30 13:02 | ごはん・ランチ

高田馬場 紀伊国屋書店?ではない…

先日の一円を笑う会の際に訪れた蔵之介を再訪。
池袋に高速バスが着いたので帰りに寄り道。
蔵之介に行く時には道すがらのこの書店が笑える。
d0035104_22573251.jpg
店主がマジックマッシュルームでイッチャッテるのかと思いきや、店員さんは妙齢の女性だったりして、要は普通の古書店。

なんでキノコノクニヤなのか…笑
[PR]
by yamomet | 2008-03-27 22:58 | 世の中の雑事

未知との遭遇

d0035104_7382279.jpg
わらわらと母船のまばゆい光源の中から現れる人型の影。

第二次世界大戦の空中戦の途中で消息がわからなくなってしまったパイロットや
神隠しにあったと言われた人たちが次々と地上に降り立ったあの風景。

新潟で出店準備のために深夜高速バスで移動中のワンカット。
越後川口SAにて。

一眠りしたら、見慣れた地元の高速バスのバス停に到着。
今日は開店準備の重要な打ち合わせの日。
車内であまり眠れなかったので、眠たいはずなんだけど眠くないな~。
無理にでも少し仮眠しないと…
[PR]
by yamomet | 2008-03-25 07:52 | 生活ダイアリー

うどん開業壮行会「一円を笑う会」

エキサイトブログ仲間を中心にした「うどん屋開業壮行会」兼「カモ子残念会」が新宿アイランドタワーの北海道にて開催され、一応、主賓として出席。

幸三さん、よっしぃ&おとうちゃん、かなみん、あひるちゃんと高田馬場駅で待ち合わせて、まずは讃岐で5年修行後にお店を開かれた讃岐うどん店「蔵之介」へ。
d0035104_15142991.jpg
ムニューッと伸びる食感が嬉しい自分好みのうどんを出していただき、超満足。

お値段は、生醤油うどん650円+讃岐天(ちくわ天、鳥天、半熟卵天)400円=1050円
決して安い値段ではないけれど、内容も量も納得のプライス。

さて、高田馬場から新宿方向に徒歩で15分ばかり移動して、新宿コズミックセンターにて、プラネタリウム見学。
45分間のスターナイツは春の星座と神話のお話。春の大曲線上にある牛飼座、獅子座、おとめ座の見つけ方を初めて知り、ちょっと感動。夏の大三角形はずっと昔からなじみがあったものの、春先は外で星を見る機会に恵まれなかったので、星座にも今ひとつ詳しくなかったのがちょっと詳しくなって得をした気分になれた。
今回は熟睡せずに肝心の部分を観ることができたので嬉しさ2倍。

ちなみにあひるちゃんは安らかな寝息を立てて、ほとんど寝ていたそうで。
お疲れのご様子。

腹ごなしもできたので、時間もたっぷりあることだし、EZナビウォークを頼りに大久保経由で新宿まで約25分の散歩。
途中、ナビは5mくらいの狭い路地を示すので正直にそれに従うと途中で面白い公園を発見。
d0035104_1515824.jpg

d0035104_15153246.jpg

ここは小泉八雲記念公園なり。

小泉八雲が新宿の大久保辺りに晩年暮らしていたということで、終の棲家となった場所も石碑が残っていたりして、小泉八雲にまつわるものがふと顔を出す。
幸三さんとよっしぃたちが通りから外れてそちらへ行くのでついていくと、写真のようなこじんまりとした公園ではあるけれど、ちょっとした異空間が広がる。

ギリシャ風の円柱があったりして、公園自体も綺麗に手入れされていて色とりどりの花が植えてあり、なかなか居心地が良い。
ニャンコがやたらと昼寝をしている。ニャンコにも居心地が良い場所なんだろう、きっと。

途中、お巡りさんが数人で公園全体を鋭く見回しながらやってきて、トイレのチェックなどもピシっとしていくので驚かされたが、日当たりの良い午後のひとときをとても気持ちよくすごせた。
d0035104_15161243.jpg
日暮れの都庁横から新宿中央公園の方向を携帯で撮影。

いよいよ初顔合わせ同士がかなりの割合になるという幸三さん主催の「一円を笑う会」の会場、アイランドタワーへ。期待感いっぱいでワクワク。

d0035104_1755361.jpgドラクエのパーティーのように周囲をきょろきょろ見回しながら、アイランドタワーの中を歩く。
開場時間になるまでには時間があるので、コーヒーを飲むために右往左往。
ビル内で思いっきり迷子になっている6人。

途中、高校の後輩のKちゃんも合流して、アイランドタワー44階の「北海道」へ。
みほ亭さんが一番乗り。みんなを出迎えてくれる。
なんと店の看板にはホントに「一円を笑う会」ですと!コゾウさん、写真いただきましたぜ。笑

メンバーは全員揃っていないが、すぐに飲み始める。

和服で会に参加するというカモ子が来ない。
おかしいぞ、と電話を入れてみたり、メールをしてみたり。
するとナビで電源を使いすぎて、電源が完全にオフ…カモ子が連絡を入れてきてもどうしようもなくなる。

非合法手段で電源を確保して、電源をONしてみるとカモ子の苦悩のあとが…

18:44 どうも 迷子かもね 先に始めててくり

18:55 38かいで閉じ込められた 泣

18:56 階段見つけた 頑張る

19:03 また1階に戻った…

アイランドタワー最上階の北海道に行くためには専用エレベーター2基を利用するほかに上がるための手立てはなく、それを見落としたカモ子は、絞りの和服に身を包みながらそれ以上上に行くエレベーターがないので、階段を探して5階分以上駆け上がり、そのどん詰まりで「このドアを開けると警備員が駆けつけます。」と書かれていたために泣く泣く1階まで戻って、ようやく44階行きのエレベーターを見つけて合流。ごくろうさんであったよ。(拍手)

sayoriさんが少し遅れて到着し、5度目の乾杯。
何故か皆が「カモ子残念だった~」と言っており、うどん屋開業壮行会ではなくなっているような…

今回のメンバーは実に多彩で、WEBデザイナー、イラストレーター、うどん屋、劇団員、メーキャップアーティスト、山伏見習い(これ、本当に職業としてあるんだそうで)、コンピューター技術者、建設コンサル会社OL、etcとひとまず普通の商売をやっている人のほうが少ない、という面白い人たちばかり。

話題も多彩でこちらでうどんを語れば、片方では時事問題を語り、マーケティングの話があれば、写真の話もあり、食い物の話もありでまぁ大変なことでした。
ところが、それぞれの話にそれぞれのプロまたはセミプロの話が加わるので考察が表面的ではなくて深い。
あっという間に呑み放題のリミットタイムは終わり、あるものだけでガンガン呑みながら話をしていると23:15。
店に残っているのは自分たちだけとなり解散。

もっと呑みたい気分ではあったのだけれど、翌日午前中(つまり今日の午前中だが)に生命保険会社の担当者が我が家に確認調査で来るというので朝までお酒というわけにもいかず、解散。

幸三さんは、終電前の時間であったにも関わらず、また終電を逃す何かをやってしまったようで、深夜2:25のメールで

「ただいま日暮里。詳しくは後日(涙)」

というメールを送ってきた後、音信不通なので多分、荒川警察署に留置されているものと思われ。何やったんだろうな~(ってまだ捕まったと決まったわけ違うやろ~)

すてきな記念品をいただいたので、それは下のエントリーで。
[PR]
by yamomet | 2008-03-23 15:59 | 生活ダイアリー

うどん開業壮行会「一円を笑う会」寄せ書き

新宿コズミックセンター前のテンポスバスターズで購入したと思われる大型しゃもじ。
世界に一つだけの素敵な寄せ書き。

みんな、ありがとう。光子さん、即興でうどん作りを描いてくれました。
d0035104_15103160.jpg

d0035104_1511115.jpg

d0035104_15111240.jpg

d0035104_15113314.jpg

d0035104_15115072.jpg

d0035104_15121956.jpg


大量の茎わかめは、かなみんから。
これも思い出深い茎わかめ。

久しぶりに新宿で飲んだ時に割り勘分を払うのに一万円札をどうにか割らなければならなくて、かなみんが僕の分も買ってくれたことのある茎わかめ。

それにしてもたくさんだ。
うどん屋で食えない日はこれを齧りながら耐えるようにとのありがたいお言葉。
でも、その前にうどん粉がたくさんあるから、うどん捏ねて食べるわ~。
トッピングに使わせてもらうかも。

いずれにせよ貴重な時間を割いていただき、また、温かい応援のことばもいただき多謝。
[PR]
by yamomet | 2008-03-23 15:15

神保町・徳萬殿の肉野菜炒め定食

今日は挨拶まわりで神保町へ。
d0035104_17532894.jpg

僕にとって神保町イコール丸香か華麗のまんてんなんだが、今日は気分を変えて、中華料理の徳萬殿で肉野菜炒め定食。

さすがはサラリーマンと学生の街だけあって、ボリュームは立派!
ご飯はちゃちな定食屋の倍はある。
野菜炒めもこんもり山盛りで少食な夫婦の普通の夕食になるだろうか。

つけあわせの小さな器のスープが美味い。
ラーメンもこのスープを使っているなら、けっこう美味しいんじゃなかろうか。

ここは米二合くらいありそうなチャーハン大がその筋では有名なんだけれど、こないだの横浜のどん八でメタボご飯は卒業しようと思ったので、誓い通りに普通の定食を。

って、普通の定食じゃないって、これ。

↓ 数多の人がその盛りの良さに惚れ込んで食べに来るというチャーハン大盛り¥650。
実際、目の前で6人ほどが楽々と完食して出て行った。基本的に美味しいとの噂。
d0035104_1753519.jpg

※このチャーハンを一緒に食べたわけではありません。ムリですから。


最近少食なのでこれで朝抜いた食事も昼食一食でまるきりカバーしてお釣りが来た。
肉野菜炒め定食のお値段700円なり。
コストパフォーマンスよかです。
[PR]
by yamomet | 2008-03-21 17:38 | 生活ダイアリー

ランチNPO 最後のお弁当

事務所最大の繁忙期のピークが終わり、今日から春休み3日間。
3/17に出したお弁当が最後のランチNPOとなりました。
d0035104_1255790.jpg

d0035104_1262927.jpg

・脂がのったトラウトサーモンの塩焼き
・うどんを食べて育った高松の上質豚の焼肉特製塩ダレ風味
・ロールキャベツ
・出汁巻き玉子
・小松菜のお浸し
・きんぴらごぼう

ランチNPOの開始から3/17まで延べにしたら何食出したのかも分からないくらい、今回は作りまくりました。もうそんなことをして、今のスタッフと関わることもなくなるのは寂しいもんです。

来週からは地元へ戻って打合せをしたり、こちらで挨拶回りをしたりで有休消化でのんびりできるのかと思いきや、異常に忙しい。
嬉しいことに送別会もあちらこちらで声をかけてくださって、本当に感謝。
[PR]
by yamomet | 2008-03-19 12:16 | ごはん・ランチ

自分救済ランチ

d0035104_7473586.jpg

引越しのことも考えて、ストックしている乾物系の食料を消費してしまおうと整理したら、
出て来る出てくる、乾燥麺類。

奇しくも米が品切れ。

約1週間、乾麺を茹でて、うどん、蕎麦、ライスヌードル、パスタと一切買い物をしないで
一日の大半の食事を麺類で頑張ってみたが…

ギブアップ!

食料がないことを考えたら、贅沢な悩みではあるけれど、ご飯が食べたい。
不思議やね~、この感覚は。
米の無味に近いものに対して、味が必ずつく麺類料理。
ごはん+おかずで生み出される味の調和というのか。

久しぶりに辛子高菜と炊きたてごはんと玉ねぎの味噌汁を食べたら、沁みる美味さ。
うどん屋をやって、毎日食べに来てほしいなぁとあれこれコンセプトを考えている自分に
とってすごい気づきやなぁと思いましたわ。

米のごはんのように続けて食べることができるうどんを作らんならんわ~。
がんばれ!自分!

PS:それにしても携帯のカメラは進化したね。
[PR]
by yamomet | 2008-03-12 07:56 | ごはん・ランチ

自画自賛

d0035104_17504878.jpg

今朝は珍しくオムレツがちゃんと焼けたがな。

なんか良いことあるんかと思ったら、目覚ましの占いカウントダウンで最下位やないか

(^o^;)
[PR]
by yamomet | 2008-03-10 13:10 | ごはん・ランチ

うどん太すぎ さぬきの夢2000石臼挽き粉の極太麺

d0035104_13171040.jpg
煮込みうどんにしても煮溶けない強さを持たせようと厚めに延ばして切ったが、さすがにこれは太すぎた。山梨のほうとうを上回るのではないかと思われるくらいのごつさがあって、啜りこむということができない。

富士吉田のうどんの食感に似ていて、コシというよりは硬い、という感じ。
きっとこのうどんは味噌で煮込んで食べるとすごく良さそうな気がする。

かき揚げは昨日の製麺講習会で教えてもらったので、早速やってみたが、少々くっつくので使いにくいステンレス製かき揚げおたまのお陰で、無事に丸いかき揚げができた。

かき揚げは、揚げ方よりも何よりも衣のつけ方、量がとても重要ということがよく分かった。

今日もお昼は、これで満足。

♪参考までにかき揚げの上手な作り方♪

1 野菜は長さを揃えて、細く刻んでおく。(玉葱、三つ葉、人参、春菊など)
2 天ぷら粉を野菜にまぶしてまんべんなく混ぜておく。
3 天ぷら粉500gに対して冷水900ccを入れて、さっくりと混ぜ合わせた衣を少しずつ加える。
4 衣が野菜につき、ボールの底に衣がたまらない程度で衣を加えるのを止めておく。(重要)
5 かき揚げ用のお玉または大きめのお玉を油の中に入れ、油をお玉半分くらい入れたところ
  に4の野菜を適量入れる。
6 天ぷら鍋にそっと沈め、お玉の上で表面が少し固まるのを待つ。
7 表面が少し固まったら、お玉を外して、かき揚げの表・裏と返しながら揚げていく。
8 表面が硬くなった感触が箸の先で分かったら、完了。

両手を使いこなして上手なかき揚げを作ってくださいませ。
うどん屋さんのやり方なので、かき揚げお玉を使わないでできる方はそちらでどうぞ。
[PR]
by yamomet | 2008-03-07 13:17 | ごはん・ランチ