タグ:うどん ( 23 ) タグの人気記事

復職いたしました。机があってヨカッタよ…

無法の限りを尽くして11日間休み続け、今日ようやく事務所に出勤。
在職中に自分だけのためにこんなに時間を使ったのは社会人史上初めてのこと。
前半は高松、後半は茨城とざっと1800キロの移動をしながらの連休でくたびれました。
ただ、ずっと自分のやりたいこと、覚えたいことをさせてもらっていたので、
精神的には超ハイテンション!今日も元気です。
d0035104_12301978.jpg
ひとまず冷蔵庫に残っていたもので弁当。
・ごはん
・コゴミのマヨネーズ添え
・ゆで卵
・鶏モモ肉の味噌焼き
・茹でモヤシ

昨日、ストックしていた12日前のうどんを茹でて食べました。
5/2に高松を離れて以来、実はうどんを口にしていなかったので、食べたくて食べたくて。
d0035104_12344177.jpg
冷蔵庫で熟成がゆっくり進んだのか、えらく美人のうどん。
実は茹でるときに少し酢のような酸味系のものを茹で湯に入れてから茹でると、こんなにシャッキリ、ピカピカになるとです。
茹で湯も濁らなくて済むので、一つの茹で鍋で何度か茹でることも可能で経済的。

生地の鍛え方、寝かせ方の両方を変えたので、だんだんとしっかりした麺ができるようになってきて、すごく嬉しいです。
3月に高松に行ってから、煮詰まってうまく行かなかったところが憑き物が落ちたようにスムーズにできるようになって、うどん作りがとても楽になりました。
[PR]
by yamomet | 2007-05-07 12:37 | ごはん・ランチ

さぼりうどん・アナゴ天+イカ天うどん

d0035104_12341462.jpg2個¥98の日清の茹でうどんと各¥98のアナゴ天、イカ天。
でかいが中味は割合薄め。ちょっと残念だけど¥98では文句が言えない。

最近、慌ただしくて全然製麺してない。

週末辺りにはたくさんあるストックの粉を消化すべく、まとめて12キロくらい打とうかな。

誰かいる?着払いで送るけど。

だって、粉だけで70キロ近くストックがあるから風味の良いうちに作らないともったいない。
[PR]
by yamomet | 2007-04-17 12:46 | ごはん・ランチ

お世話になったあの方へって、お中元ちゃうがな!

ちょこっと気を取り直して浮上中。

3月の香川ツァーのときに一方ならぬお世話になった高松のあづまうどんさん。
打ち損ないを大量に出したにもかかわらず「そんなん誰でもあるわ。二度やらんことや。」と
僕らを慰めてくださったり、励ましてくださったりで感謝してもし足りないくらい。

御礼に何をすれば良いかなと思って、
うどんをうどん屋さんに送っても仕方ないし、失礼だし、
ん~~~と考えた末に本業のホームページ制作でお返ししようかと。

それで、できたのがこれ。
d0035104_12282996.jpg
制作自体はほんの一日かそこらだったんだが、なにせ勝手に作っちゃったんで大将の了解を得るのにK下製粉の次長さんに動いてもらったり、大将と直接電話して表示の仕方を相談したりしていて、ようやく昨日完成。

ところが、公式ホームページじゃない方がイイ、とおっしゃる。
理由は讃岐弁で書かれたトップページがまるで自分ができるみたいにひけらかしてるようで気恥ずかしいとのこと。(そんなん言うてもホンマに美味いからええやん、と思うんだけど)

自分のうどんが好きや!と言ってくれる人が紹介してくれる形やったら、これでええ!とおっしゃるので変則ながら「あづまうどん店主公認ファンサイト」としてスタートさせることに。

まだ微修正は入ると思うけど、ひとまずこんなんで検索エンジンにも登録。
根性の入ったつるしこのあづまうどんがもっと繁盛することを願って。
大将の威張らない地味で真面目なうどん作りがよく分かります。

一度皆さんも覗いてみてください。
生意気にモバイルサイトもつけちゃいました。あれば便利でしょ?

ドメインは「あづまうどん どっと混む!」
http://azumaudon.com

携帯サイトは http://azumaudon.com/mobi/

どうぞブックマークしてやってくださいませ。

※対応ブラウザはIE6.0、FireFoxです。SleipNirでも表示されますが、メニューのページのポップアップウィンドウが新規タブとして開いてしまうエラーがあります。
[PR]
by yamomet | 2007-04-11 12:47 | 生活ダイアリー

オリジナルブレンドのスパイシーカレーでうどん

3/14にかなりスパイシーで辛いカレーを作って出したのだが、その残りをジップロックに保存してあったのを今日発見。解凍してみたらまだかなりスパイシーさが残り、けっこうイケル。

というわけで今日は昨晩打った麺でカレーうどん。
まとまった小銭の立替精算があったので、厚地のアルミフライパンを買ってきたこともあってオムレツを焼きたくなって、カレーうどんと合体。
d0035104_19132494.jpg

オムレツが乗ったからどうということもなかったが、温泉卵で割った途端に正体がなくなってしまうのよりは良いかなとも思ったが、味わいはどうじゃろか?
麺の下に鶏肉がゴロゴロ入っていて、ちょっとした宝探し気分。

どっさりと麺が見えないほど上からカレーがかかっているのも良いけれど、うどんの白い肌がちらりと見えているのも色っぽい。あふん!
[PR]
by yamomet | 2007-03-26 19:15 | さぬきうどん

ありがたや中年救済の若者よ!

d0035104_22554183.jpg午前の仕事が終って、ランチタイムになった途端に同僚のポチくんがやってきた。

彼は昨日まで長期の休暇をとって、繁忙期で疲れた身体を休めていたわけだが、ニッコリと天使のような微笑でおぢさんにこう言った。

「今年はお弁当でずっとお世話になっていたので、お礼におぢさんにランチをご馳走しようと思って。」というではないか!


d0035104_2333426.jpg今日、予定していたお昼ごはんは徳島製麺のコレ!
生麺タイプのカップなのに、高松駅前のスーパー「Ace One」とかいうところで99円やった。
徳島製麺のカップめんシリーズは全商品が99円やったもんだから、安さに乗せられてわざわざ高松から川崎までカップ麺を10個あまり運ぶことになってしもうた。

が、若者がおぢさんを身銭を切っても助けたいというので、カップのぶっかけうどんは隣のKにやってしまって(ついでに言うと昼休みの日直当番も99円のうどん一個で押し付けて外出してしもうたわけで)、大戸屋で「特製大戸屋ランチ」をおごってもらったわけ。

ポチくんの気持ちとしては、本当は仕事が終ってからお酒をごちそうしたかったんだけど、おぢさんは他人の三倍も四倍も呑むので、給料で払いきれないだろうということで、已む無くランチとなったような顛末らしい。

一度くらい夜の投資をしたら、三倍になって帰ってくるのに、チャンスを逃したポチくんであった。(三倍になるのはきっと小麦粉をこねた製品になって返ることになるとは思うんだけどね。笑)
↓ これが高松での戦利品の総ラインナップ
d0035104_2314043.jpg

[PR]
by yamomet | 2007-03-23 22:55 | 生活ダイアリー

高松風景

d0035104_12254781.jpg
どこのうどん屋さんか分かる人は天才!
d0035104_12265578.jpg
屋島に鎌田のベストショット。
d0035104_12273240.jpg
二両編成のことでんに初乗車。乗った途端に寝て、目が覚めたら高松築港やった。
d0035104_12281936.jpg
うどんストラップ。700円以上するのを知らず、レジに3個持っていってびびった。
d0035104_1229518.jpg
麺棒を釣竿の袋に入れて持参したが、現地でもっと良い樫の麺棒を見つけて二本買ったので、帰りはこんな妙な荷姿になってしもうた。
d0035104_12312882.jpg
高松駅前で高速バスを待つ間に焼鳥屋に入った後の〆はうどんやろう!と思っていたらkeitafさんの書き込みを思い出して、ラーメン築港の柳屋へふらふらと入った。
福岡からはるかに離れた地にあってはけっこう普通に再現してると思った。
ちょっとスープがしつこいかなぁ。辛子高菜を後半は満載にして完食。
うどんと違って一杯で満腹。だから、やっぱうどんがええ。
[PR]
by yamomet | 2007-03-22 12:35 | 生活ダイアリー

会社でも手打ち茹でたてうどんを食いたくならん?

香川から帰ってきて野菜不足を痛感。
昨日は一日で白菜を1/8玉一気に食った。
口内炎がそれに合わせるように治った。やっぱうどん粉だけ食っとったらいかん。
ちくわ天は野菜じゃないからなぁ…

今日の自分弁当は地味に塩鯖と玉子焼き。
ホントはこれで十分なんじゃ。繁忙期弁当を食べよった人は栄養の摂り過ぎっ!
d0035104_1314435.jpg
・ごはんに高菜のせ
・焼いた塩鯖
・玉子焼き
・生野菜

他人の仕出し弁当でないとなんともシンプルなことよ!
ただ、これでも十分に腹は満たされるのである。

しか~し、今日は最高機密プロジェクトが立ち上がった記念すべき日なのである!

機は熟した…行けっ!
[PR]
by yamomet | 2007-03-21 13:26 | ごはん・ランチ

讃岐を思い出しつつ「ひやひや天麩羅うどん」弁当

さて、これから出勤します。
うちのストック麺(農林61号のみ)を使って、ひやひや天麩羅うどんデリバージョン。
d0035104_1135718.jpg
・鶏天
・椎茸天
・南瓜天
・ちくわ天
麺は彩奥義100%のしっかり麺。どうやら彩奥義は冷蔵庫でストックしている間に生地が締まって硬い麺になることが判明。これは打ちたて切り立て茹でたてを食べるべきもの。

あづまさんのイワシ天やアナゴ天はカラッとしていて旨かったが、殊更に店での人気も高く、僕らも食べておいしかったのは鶏胸肉の鶏天。
下ごしらえの時に厚みを観音開きにして、軽く塩を振ってから揚げている様子。
カラッと揚がって、適度な肉の厚みが衣のサクサク感をより印象づけるもので、ちょっとした配慮だが、これは良い。

皆さんも讃岐に行ったら、高松医大のすぐ近くにあるあづまうどんさんへ寄って、その味を確かめてみて頂戴!
[PR]
by yamomet | 2007-03-20 11:35 | さぬきうどん

香川の皆さん、お世話になりました。

今朝、新宿に着いてアパートでホッと一息ついているところ。
昨年の讃岐ツァーに比べると、密度の高い旅やった。
見聞したことを整理して活かすには時間がようけかかりそう。

感動を与えてくれたものダイジェスト
d0035104_1053528.jpg

はりやのかしわ天ザルの麺の旨さと店のシンプルかつ機能的なレイアウト。
d0035104_107857.jpg

讃岐のうどん屋の中で一番営業時間が短い日の出製麺。超人気店でありながら¥150のうどん一杯をこんなにきれいに見せ、なおかつ文句なしの旨さに脱帽。
d0035104_1083216.jpg

人気店「中村」の弟さんが開かれているお店「中村」のグリグリエッジのゴム細麺。食感と言い、その粘り腰と言い、驚愕の一言。出汁も優しいイリコの風味が良かった。
d0035104_1932417.jpg
名物おばちゃんのいる「赤坂」でハートフルなひとときを過ごした。
おばちゃん「ね~ぎ~♪自分でぇき~る~!♪」
わしら「おぉ~♪いぇい♪自分でき~る~!♪」
おばちゃん「だ~し~♪かけたるわ~♪冷たいん~?♪」
わしら「冷たいん~~~♪三つやでぇ~♪」
唄うように変な外人のように会話?しながら、うどんを受け取って楽しんだあと、記念撮影。
おばちゃん、いつまでも元気でおってね。(注:写真は僕と違います。)
d0035104_10101997.jpg

d0035104_1012426.jpg今回約27時間の手伝いをさせていただいた「あづまうどん」
東讃の中でも新進気鋭の人気店。500人を超えるお客さまが土曜日には来店。
目の回るような忙しさを体験して、大将の凄さを実感させられた。
一人で50キロを超える粉を麺にして、一番旨い状態で出すことに一切妥協をしない大将は元大工の棟梁。このお店も棟梁の手作り。
開業したのは一昨年と日は浅いが、呑み仲間から「棟梁の打つうどんは旨いなぁ。」と言われて年間に100キロくらい打っていたのが、あるきっかけから開業へ。

実際に生地を菊揉みさせてもらって、加水の少ない生地の硬さに驚き、それを40個近く丸めているうちにこちらの親指は腱鞘炎のような状態に。
大将の左手の爪はその作業の繰り返しで浮いたようになってしまっていた。
それを毎日毎日繰り返して、一日300人を超える人が訪れ、土日ともなれば県外からやってくるお客さまでごった返す人気店を作り上げてこられた。

そのお店の内側で24時間の作業を見せてもらい、一部は実際に作業をさせてもらえたことに感謝。大将は口は悪いが、人はものすごく良い。
旨いものを出すためについつい原価を考えない大将をきちんと見ているおかみさん。
温かい心のこもった「夫婦うどん」やった。
日本国内でも「うるるん滞在記」をやらしてもらった気がする。

藤井大将に改めて感謝。
そして、藤井大将を紹介してくださった木下製粉社長、U次長に心から感謝。

二日目夜にはkeitafさん、麺三郎さんと会って、高松の夜を楽しみ、三日目のうどん巡礼は麺三郎さんにすっかりお任せでガイドをしてもらって、ハイレベル店を次々と訪れることができた。
たくさんの人に助けてもらった3泊4日やった。

人と人がつながっていくといろんなことが起きるんだ。
つながりは温かくて、厳しいけどものすごく優しい。
久しぶりにくたびれてた気持ちがきれいになったような気がするわ。

さて、もうちょっとしたら溜めてた仕事を片付けに事務所に行こか…
[PR]
by yamomet | 2007-03-20 10:23 | さぬきうどん

巨大圧力鍋20リッター ¥5575也~!

d0035104_15533382.jpgヤフオクでゲットした業務用サイズの圧力鍋が今日、到着。
若干、仕上げが雑なところはあるものの、圧さえきちんとかかってくれればよし。
720mlの焼酎の瓶のサイズと比較すると大きさが概ね察しがつくのではないかと。
d0035104_15543029.jpg直径は32センチ。
安全かつ有効に使える分量が2/3として14リッターの調理は可能なので、うどんなら一気に10人前は茹でられるはず。
これで圧力早茹でで大人数をこなせるのかどうかはテストができる。

もし、うまく使えない代物と分かっても、本来このサイズの実売価格は概ね3万円前後だから、それを考えたら、途中でしまいこんだとしても後悔しない金額。
出汁をとるのには向かないけれど、大量の出汁を密閉してイベント会場に持ち込むためのコンテナとしての役割は十分に果たしてくれる。

それにしても5575円で、これが手に入るとは思わなかった。
久しぶりにオークションで丸々得をしたような気がする。
[PR]
by yamomet | 2007-03-04 15:58 | 生活ダイアリー