一番好きな花たち マツムシソウ

d0035104_10422472.jpg

御岳でいつも夏を彩ってくれるマツムシソウです。
今回泊まった駒ヶ原にも2株だけ咲いていてちょっと驚きました。
というのも標高が1400mくらいのところで見かけていたので、900mばかりのところでお目にかかれるなんて思っていなかったのです。

エーデルワイスと同じ仲間のヤマハハコ
d0035104_10424950.jpg


王滝村の集落手前5分くらいのところでサルのグループに遭遇。
頭数およそ10頭。子どももいました。逃げないで人間を監視しているサルを撮影。
d0035104_104656.jpg

すばしっこくて写真が撮れませんでしたが、リスも見かけました。
普段は絶対に見ることのできない風景にたくさん出会いました。

マツムシソウは九州で見たことはなかったし、名古屋に出てきて初めて山に上がった時に道の脇や広場の端っこにコスモスのような感じで揺れている薄紫の花はなんだろう、きれいだなぁと思っていたのです。
先輩にマツムシソウだと教えてもらって、よく観察すると小さな花が集まっているように見え、花弁の繊細な切り込み、おしべの先のちょっと濃い目の紫のシャドーなんかが本当にきれいで一目ぼれでした。
いろんな高山植物がある中で、僕にとってのプリンセスです。
[PR]
by yamomet | 2006-08-29 10:50 | 植物写真ギャラリー


<< 名古屋名物・あんかけスパを食す OB会キャンプ >>