田園調布駅前「鳥瑛」

土曜の夜、グルメ探検仲間と何度か訪れたことがある田園調布駅前の「鳥瑛」へ。

ジャイアンツ党ならけっこうご存知のお店のはず。
長嶋茂雄さんがご贔屓にしておられるお店で、看板は長嶋さんの書かれたものだとか聞いています。勘違いしていたらすんません。

d0035104_20245833.jpgまずはさっと出てくる鶏刺しを。しっかりとした弾力のあるささみを刺身にしたもの。フニャフニャした食感のものが多い中ではしっかりした食べ応えのあるこちらの鶏刺しははなまるです。

d0035104_20264773.jpgこちらの煮込みは豚や牛モツの煮込みではなく、鶏皮と野菜の味噌煮込み。
これも毎回頼む定番のメニューです。鶏皮もブロイラーのブヨブヨしたものではないようで、多分地鶏の皮なんだと思いますが、歯応えがちゃんと残っていて柔らかい中にも噛んで食べるおいしさが味わえます。甘さを控えてあるので、これにうどんをつけて食べたいなぁと思います。

d0035104_2027619.jpg

d0035104_20294026.jpg焼き鳥は1皿3本からなのですが、レバーに関しては串にささっていません。
つまり、レバー一個が串一本分ということで、形そのまんまで出てきます。
形が苦手な人はちょっとまいっちゃうかもしれませんが、大きなままで焼いてあるので、中がしっとりとしていてなかなか旨いのです。

d0035104_8381991.jpg
絶対これだけは頼むという「地鶏の塩焼き」です。
噛み応えの地鶏をカリッと焼き上げたもので、味付けは塩コショーです。
なぜだかは分からんのですが、付け合せには生のピーマンがついてきます。


焼き鳥も煮込みも全体にたっぷりとした量で出てくるので、けっこうお腹がいっぱいになってきます。飲み物はあまりバリエーションがありませんが、ここだと熱燗か焼酎のお湯割りが似合うのでさほど不自由はしないかと。一人だいたい3500円くらいが目安です。


d0035104_20342654.jpg店内は長嶋さん一色でこんな写真が座敷にぐるっと飾ってあります。

帰る前にこの写真を撮っていたら、後ろのお姐さん三人組が聞こえよがしに「こんなとこを写真に撮る?やりすぎじゃないの~?」とか言ってきて、少々ムッとしましたが、まぁアウェーで争っても仕方ないので無視してきました。
おのぼりさんと思ってたんだでしょうな。ほっといてくれ。
[PR]
by yamomet | 2007-01-21 20:38


<< 干豆腐はおもしろい! フィットネスクラブ >>